カテゴリー別アーカイブ: 未分類

DHA・EPAを学ぶ!特徴と効果

様々な生活習慣病が問題視されている現代の日本人においてとても注目されているのがDHA・EPAです。

これらはイワシやサンマといった青魚などに多く含まれています。目にいい成分としても有名ですが、多くは中性脂肪を下げてくれる成分として、これらが含まれているサプリメントの人気が高いです。EPAには善玉コレステロールを増やしたり、血液を固まりにくくしたり、中性脂肪を下げてくれたりする作用があります。ですので魚をよく食べる人は、そうでない人に比べて脂肪の摂取量が多くても血栓症や心臓病などが少ないと言われています。

中性脂肪を下げてくれるので、ダイエットにもいいですし、メタボリックシンドロームの方も内臓脂肪を減らしつつ、メタボが招く病気を防いでくれるのでとてもいい栄養素ですね。このDHAとEPAというのは非常によくにた栄養素です。それならばどちらかだけでもいいの?と疑問に思われるかもしれませんが、多くのサプリメントではこれらが一緒に記載されていますよね。最近はDHA・EPAと一緒にクリルオイルが含まれたサプリメントも多いです。

これはこの2つを一緒に摂取することによって相乗効果が生まれ、より高い効果が発揮されるからです。ですのでどちらかだけを摂取するよりは、どちらとも含まれているものを摂取するようにするといいでしょう。しかしEPAは油ですので、焼き魚などにするのは流れ落ちてしまうのでお勧めできません。魚ならば、刺身などで食べるのがいいでしょう。生ものが苦手な方はサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。

尿漏れとアロマの関係

尿漏れ自体に、アロマテラピーが効果的だとの、はっきとした研究結果は見当たりません。しかし、骨盤底筋の緩みで尿漏れを起しているのなら、アロマが効くかもしれません。

骨盤底筋は、出産や便秘などによって、緩むことがあります。このことから、尿道が狭まり、腹圧性尿失禁の原因ともされています。腹圧性尿失禁の予防のためにも、骨盤底筋を鍛えるトレーニングや、骨盤矯正体操などを毎日の日課にするといいでしょう。

その毎日のトレーニングのときに、アロマオイルを炊いていると、リラックス効果をえることができます。これは、自律神経のバランスを整えることにも、効果的です。

病院へ通わなくても、自宅でトレーニングや体操をすると、尿漏れの防止や改善につながります。

トレーニングや体操にアロマオイルを加えると、血行促進にも役立ちます。好きな香りのオイルを選んで、ぜひ、試してみましょう。
コレステロールの基礎知識を学ぶ

くすみなんてエステで解消しちゃえ!

くすみの解消を考えるとき、一番最初に思い浮かぶのがきエステサロンかもしれません。エステサロンには、美肌の専門家がいますから、かなりの効果を実感できるでしょう。くすみの原因には、様々なものがあります。乾燥肌も一因ですが、自分の肌が乾燥しているかどうか分からない人もいます。

原因がはっきりしなければ、自分でケアをしようとしてもとても難しくなります。エステサロンでは、肌の水分量から、乾燥しているかどうかを確認することができます。

また、毛穴の奥に詰まった汚れも、きれいにしてもらえます。普段は自分でケアをして、月に何度かエステサロンへ通うのもいいでしょう。多くのエステサロンでは、体験コースを設けています。

初めから何十万もする高額なコースを申し込むのは大変なので、体験コースで確認しましょう。出来るなら、最新式の機械を取り入れているサロンを選びましょう。くすみの他にも、シワ、シミなどの一度の全部ケアができる機械もあります。

エステに頼らなくともプエラリアサプリでくすみ解消できるらしいですね。プエラリアには高い美容効果があるらしく最近注目されています。

複数の悩みを持っている人は、そのようなコースを選ぶと良いですね。最初はどこでもカウンセリングから始まりますので、悩みを相談して適切なコースを選びましょう。自分ではなかなかできない、目のまわりなども手入れをしてもらえます。料金やシステムなどを把握して、申し込みをして下さい。

ビタミンが加齢臭に効く?

加齢臭に、ビタミンは効果的だとされています。中でも、抗酸化作用を持っているビタミンCとビタミンEには、加齢臭の減少につながる作用があるといわれているのです。

加齢によって、皮脂の分泌量が増えていきます。その皮脂の中の脂肪酸が酸化することによって、加齢臭が発生します。ですから、脂肪酸の酸化を防止できれば、加齢臭も抑制できる可能性があるのです。

ビタミンCとビタミンEには、アンチエイジング効果で注目を浴びる抗酸化作用が備わっています。抗酸化作用で活性酸素の働きを抑制するだけでなく、細胞の再生力を正常にすることも期待できるのです。

まとめると、細胞の老化を防止する、免疫力を向上させるという働きを持っているのです。当たり前のことですが、体の老化を遅らせることは、加齢によって増えていく加齢臭を防止することにつながっていくのです。

食事からビタミンCやビタミンEを摂ることが難しいなら、サプリメントを活用する方法もあります。青汁などの健康食品にも、豊富なビタミンCやビタミンEが含まれているものもあります。

胸焼けの原因となる食事とは

脂身の多い肉などを食べた後に、胸やけを感じられるという方は多いのではないでしょうか。誰しも、年齢とともに、肉食がきつくなってくるものですよね。

そういった食事がなぜ胸やけの原因となるのかというと、脂肪分は胃で消化できないため、腸で消化されるというところにあります。腸は胃とは遠いので胸やけに関係なさそうだと思われるかもしれませんが、腸で消化をする際に分泌される、リパーゼという酵素を作っているすい臓に負担がかかってしまうため、食道と胃の間がゆるんで胸やけを感じるということになるのです。ですので、脂肪分の多い食事を摂ると、胸やけを起こしやすくなってしまいます。胸やけを起こしやすい方は、脂肪分の多い食事は控えた方が良いでしょう。

また、脂肪分の多い食事以外にも、辛い食べ物も胸やけを起こしやすいと言われています。それはなぜかというと、辛い食べ物は食道を刺激するために胸やけを起こしやすくなるのです。辛い食べ物の他、熱い食べ物など、刺激の強い食べ物は食道を刺激してしまいますので、食べた時に口の中や喉がぴりぴりするような食事というのはNGだと覚えておかれると良いでしょう。