ビタミンが加齢臭に効く?

加齢臭に、ビタミンは効果的だとされています。中でも、抗酸化作用を持っているビタミンCとビタミンEには、加齢臭の減少につながる作用があるといわれているのです。

加齢によって、皮脂の分泌量が増えていきます。その皮脂の中の脂肪酸が酸化することによって、加齢臭が発生します。ですから、脂肪酸の酸化を防止できれば、加齢臭も抑制できる可能性があるのです。

ビタミンCとビタミンEには、アンチエイジング効果で注目を浴びる抗酸化作用が備わっています。抗酸化作用で活性酸素の働きを抑制するだけでなく、細胞の再生力を正常にすることも期待できるのです。

まとめると、細胞の老化を防止する、免疫力を向上させるという働きを持っているのです。当たり前のことですが、体の老化を遅らせることは、加齢によって増えていく加齢臭を防止することにつながっていくのです。

食事からビタミンCやビタミンEを摂ることが難しいなら、サプリメントを活用する方法もあります。青汁などの健康食品にも、豊富なビタミンCやビタミンEが含まれているものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>