胸焼けの原因となる食事とは

脂身の多い肉などを食べた後に、胸やけを感じられるという方は多いのではないでしょうか。誰しも、年齢とともに、肉食がきつくなってくるものですよね。

そういった食事がなぜ胸やけの原因となるのかというと、脂肪分は胃で消化できないため、腸で消化されるというところにあります。腸は胃とは遠いので胸やけに関係なさそうだと思われるかもしれませんが、腸で消化をする際に分泌される、リパーゼという酵素を作っているすい臓に負担がかかってしまうため、食道と胃の間がゆるんで胸やけを感じるということになるのです。ですので、脂肪分の多い食事を摂ると、胸やけを起こしやすくなってしまいます。胸やけを起こしやすい方は、脂肪分の多い食事は控えた方が良いでしょう。

また、脂肪分の多い食事以外にも、辛い食べ物も胸やけを起こしやすいと言われています。それはなぜかというと、辛い食べ物は食道を刺激するために胸やけを起こしやすくなるのです。辛い食べ物の他、熱い食べ物など、刺激の強い食べ物は食道を刺激してしまいますので、食べた時に口の中や喉がぴりぴりするような食事というのはNGだと覚えておかれると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>