DHA・EPAを学ぶ!特徴と効果

様々な生活習慣病が問題視されている現代の日本人においてとても注目されているのがDHA・EPAです。

これらはイワシやサンマといった青魚などに多く含まれています。目にいい成分としても有名ですが、多くは中性脂肪を下げてくれる成分として、これらが含まれているサプリメントの人気が高いです。EPAには善玉コレステロールを増やしたり、血液を固まりにくくしたり、中性脂肪を下げてくれたりする作用があります。ですので魚をよく食べる人は、そうでない人に比べて脂肪の摂取量が多くても血栓症や心臓病などが少ないと言われています。

中性脂肪を下げてくれるので、ダイエットにもいいですし、メタボリックシンドロームの方も内臓脂肪を減らしつつ、メタボが招く病気を防いでくれるのでとてもいい栄養素ですね。このDHAとEPAというのは非常によくにた栄養素です。それならばどちらかだけでもいいの?と疑問に思われるかもしれませんが、多くのサプリメントではこれらが一緒に記載されていますよね。最近はDHA・EPAと一緒にクリルオイルが含まれたサプリメントも多いです。

これはこの2つを一緒に摂取することによって相乗効果が生まれ、より高い効果が発揮されるからです。ですのでどちらかだけを摂取するよりは、どちらとも含まれているものを摂取するようにするといいでしょう。しかしEPAは油ですので、焼き魚などにするのは流れ落ちてしまうのでお勧めできません。魚ならば、刺身などで食べるのがいいでしょう。生ものが苦手な方はサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>